コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べき ベキ

デジタル大辞泉の解説

べき[助動]

[助動]べし

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

べき

( 助動 )
〔助動詞「べし」の連体形〕
推量の助動詞「べし」の残存形として、現代語でも次のように用いられる。
当然のなりゆき、あるいは、そうなるはずの事柄を述べる。 「いま満開のこの花もやがては散るべき運命にある」 「最近における少年犯罪の増加は恐るべきことだ」
〔「べきだ」 「べきである」などの形で〕 義務づける意味を表す。 「この件についての責任はすべて幹部がとるべきだ」 「無責任な批判はなすべきではない」 → べし(助動)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

べき
べき

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

べきの関連キーワードポシビリティー言葉が過ぎる捕り者・捕者取り分・取分マーベラス三明の覚路道を決する準例・准例座に直る思案所助動詞渡り場整級数難癖吏道典常倫道臣節婦道婦徳

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

べきの関連情報