コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べき ベキ

デジタル大辞泉の解説

べき[助動]

[助動]べし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べき

( 助動 )
〔助動詞「べし」の連体形〕
推量の助動詞「べし」の残存形として、現代語でも次のように用いられる。
当然のなりゆき、あるいは、そうなるはずの事柄を述べる。 「いま満開のこの花もやがては散るべき運命にある」 「最近における少年犯罪の増加は恐るべきことだ」
〔「べきだ」 「べきである」などの形で〕 義務づける意味を表す。 「この件についての責任はすべて幹部がとるべきだ」 「無責任な批判はなすべきではない」 → べし(助動)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

べき
べき

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

べきの関連キーワード死は或いは泰山より重く或いは鴻毛より軽し農業経営基盤強化促進基本方針(基本方針)河鍋暁斎(かわなべぎょうさい)其の罪を憎んで其の人を憎まず乞食も身祝い兵に常勢無し以て瞑すべし乞食も袋祝い英雄三国志水蒸気蒸留マーベラス純就学率手が無い術の方便人生哲学整級数掘り頸助動詞逆公事打つ手

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

べきの関連情報