コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刻む

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

きざむ【刻む】

I
1 cut ((a thing)) into fine pieces; 〔肉などを〕mince; hash (minceのほうが細かい); 〔野菜を〕chop
  • にんじんを細かく刻む
    cut (up) carrots into small pieces
2 〔刻み目をつける〕nick, notch⇒きざみ(刻み); 〔彫る〕carve; 〔表面に彫る〕engrave
  • 子供の成長を記録するために柱に印を刻んだ
    They nicked [notchedcut nicks on] a pillar to mark the growth of their child.
  • 石仏を刻む
    carve a Buddhist figure out of [from/in] stone
  • 彼の墓石には彼の詩が1行刻まれている
    On his gravestone is inscribed [engraved] a line from one of his poems.
  • 彼の顔には長年の苦悩を表すしわが刻まれていた
    Years of worry had chiseled his face with wrinkles./His face was furrowed by years of worry.
II
1 〔時を刻む〕record the passing moments
  • 時計が時を刻んでいる
    The clock is ticking (away).
2 〔心に〕
  • その光景は彼の心に深く刻まれた
    The scene was deeply 「etched in [chiseled in/engraved on] his mind.

出典|小学館 プログレッシブ和英中辞典(第3版)について | 情報 凡例

今日のキーワード

恋恋

[名](スル)思いきれずに執着すること。「徒に永く政柄を握るに―し」〈東海散士・佳人之奇遇〉[ト・タル][文][形動タリ]1 恋い慕って思いきれないさま。「大丈夫は区々(くく)一婦人に―たるべからず」...

続きを読む

コトバンク for iPhone