コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刻む(読み)キザム

デジタル大辞泉の解説

きざ・む【刻む】

[動マ五(四)]
刃物で物を細かく切る。「ネギを―・む」
物の形を彫りつける。彫刻する。「仏像を―・む」
刃物などで筋状に切れ目を入れる。また、彫ったような凹凸をつける。「文字を碑に―・む」「額に―・まれたしわ」
細かく区切るようにして継続・進行していく。「柱時計が時を―・む」「年輪を―・む」
心の中にしっかりとどめる。しっかりと記憶する。「忠告を胸に―・む」「心に―・まれた幼い頃の記憶」
入れ墨をする。
「面(おもて)を―・みて」〈雄略紀〉
責め苦しめる。さいなむ。
「わが身をただ今までいろいろに―・まれ」〈浮・文反古・五〉
[可能]きざめる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きざむ【刻む】

( 動五[四] )
〔「きざ」は段きだと同源〕
刃物で細かく切る。切って細かくする。 「ネギを-・む」
浅く狭い切れ目を入れる。刻み目をつける。 「文字を-・む」 「柱に-・む」
彫刻する。彫って像などを作る。 「仏像を-・む」
細かい区切りをつけながら進行する。 「目盛りを-・む」 「時を-・む」
深く心にとどめる。 「教訓を心に-・む」
責めさいなむ。 「わが身を只今までいろいろに-・まれ/浮世草子・万の文反古」
入れ墨をする。 「天皇瞋いかりて面おもてを-・みて/日本書紀 雄略訓
[可能] きざめる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

刻むの関連情報