刻む(読み)キザム

  • きざ・む

デジタル大辞泉の解説

[動マ五(四)]
刃物で物を細かく切る。「ネギを―・む」
物の形を彫りつける。彫刻する。「仏像を―・む」
刃物などで筋状に切れ目を入れる。また、彫ったような凹凸をつける。「文字を碑に―・む」「額に―・まれたしわ」
細かく区切るようにして継続・進行していく。「柱時計が時を―・む」「年輪を―・む」
心の中にしっかりとどめる。しっかりと記憶する。「忠告を胸に―・む」「心に―・まれた幼い頃の記憶」
入れ墨をする。
「面(おもて)を―・みて」〈雄略紀〉
責め苦しめる。さいなむ。
「わが身をただ今までいろいろに―・まれ」〈浮・文反古・五〉
[可能]きざめる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刻むの関連情報