コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Śrī-Lakṣmī SriLaksmi

世界大百科事典内のŚrī-Lakṣmīの言及

【インド神話】より

…太古,ビシュヌが音頭をとり,神々とアスラ(阿修羅)たちは,アムリタamṛta(甘露)を得ようとして,大海を攪拌した。その際,海中から次々と珍宝が出現し,ビシュヌの妃となったシュリー・ラクシュミーŚrī‐Lakṣmī(吉祥天女)もそのときに海中から現れた。ビシュヌはまた,聖鳥ガルダ(迦楼羅,金翅鳥)を乗物とする。…

※「Śrī-Lakṣmī」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Śrī-Lakṣmīの関連キーワード混合診療裁判養子免疫療法ラオスの要覧LAK療法活性化自己リンパ球移入療法洛叉ガウル吉祥天ギーラーンラコニア

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android