コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

養子免疫療法 ようしめんえきりょうほうadoptive immunotherapy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

養子免疫療法
ようしめんえきりょうほう
adoptive immunotherapy

抗腫瘍 (しゅよう) 免疫をつかさどるリンパ球を一度体外へ取り出したのち,患者の癌細胞インターロイキン2 (IL-2) といった物質と一緒に培養し,再び体内へ戻す方法。このような処理を施したリンパ球は,通常よりも強い癌細胞破壊作用を有するようになる。体外へ取り出したリンパ球の処理の方法によって2種類の抗癌作用を持つリンパ球が誘導される。その一つは LAK細胞といい,リンパ球を IL-2とともに培養することによって誘導されるものである。この細胞はさまざまな癌に対して抗癌作用を発揮することができる。他の一つはキラーT細胞で,この場合はリンパ球を IL-2だけでなく,患者の癌細胞と一緒に培養することによって誘導されるものである。これは LAK細胞よりさらに強く患者の癌細胞を攻撃することができる。これらの方法は患者のリンパ球を利用する理想的な治療法である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

養子免疫療法の関連キーワード新免疫療法の臨床試験がスタート生物学的反応修飾物質がんの免疫療法脳悪性腫瘍

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android