コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活性化自己リンパ球移入療法 カッセイカジコリンパキュウイニュウリョウホウ

1件 の用語解説(活性化自己リンパ球移入療法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かっせいかじこリンパきゅう‐いにゅうりょうほう〔クワツセイクワジコ‐キウイニフレウハフ〕【活性化自己リンパ球移入療法】

癌(がん)細胞を攻撃する能力をもつTリンパ球を体外に取り出し、人工的に活性化してから患者自身の体内に戻す治療方法。先進医療として認可された医療技術の一つで、厚生労働省の承認を受けた特定の医療機関でのみ保険診療との併用が認められる。LAK(lymphokine-activated killer)療法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

活性化自己リンパ球移入療法の関連キーワード哨戒機T細胞側面攻撃イムノトキシンキラーT細胞サプレッサーT細胞免疫担当細胞胸腺細胞ES(胚性幹)細胞ひざ蹴り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone