コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

α澱粉/アルファ澱粉 アルファデンプン

デジタル大辞泉の解説

アルファ‐でんぷん【α×澱粉/アルファ×澱粉】

でんぷん分子が比較的規則的に並んでいるβでんぷんに水を加えて熱するなどし、崩れた状態になったもの。酵素作用を受けやすく、消化がよい。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

アルファでんぷん【α澱粉】

β デンプンに水を加え摂氏60~80度に加熱して糊化こかした状態のデンプン。消化がよく加工食品の材料に用いる。

α澱粉

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

α澱粉/アルファ澱粉の関連キーワード分・刎・吻・噴・墳・奮・忿・憤・扮・焚・粉・糞・紛・芬・雰ヨウ(沃)素デンプン(澱粉)反応伝・傳・殿・澱・田・電遺伝子組み換え食品デンプン(澱粉)ホスホリラーゼ長瀬産業[株]α富樫 鉄之助加賀れんこん化石ファリナ三和澱粉工業鈴木 藤三郎グリコーゲンサイデン化学日本澱粉工業松谷化学工業じゃがいもキャッサバクズ(葛)

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android