コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Śārdula-karṇa-avadāna》 Sardulakarnaavadana

世界大百科事典内の《Śārdula-karṇa-avadāna》の言及

【占星術】より

…インド固有の天文占の要素としては27または28の星宿(ナクシャトラnakṣatra)があげられる。この時期の占星術をよく伝えているのが,後1世紀ころの仏教文献に属する《シャールドゥーラカルナ・アバダーナŚārdula‐karṇa‐avadāna》(漢訳《摩登伽経》)であり,太陽・月と星宿との関係が占いの基本になっている。同じ時期の《ガルガ・サンヒターGarga‐saṃhitā》では前兆は自然現象のあらゆる側面に拡大されている。…

※「《Śārdula-karṇa-avadāna》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

《Śārdula-karṇa-avadāna》の関連キーワードアイヌ語アールワールソームナートプルナタラージャビシュヌ派圏谷カナートビルハナ圏谷

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone