アールワール(英語表記)Āḷvār

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アールワール
Āḷvār

南インドのタミル地方で7~10世紀に活躍した,ビシュヌ神を崇拝する一連の吟遊詩人たち。彼らは各地の神殿を巡礼し,ビシュヌ神像の目を見つめて恍惚状態に陥った。主としてタミル語で詩をつくり,カースト外の人々をも教化した。彼らはシュリー・バイシュナバ派の師と仰がれた。 12名のアールワールの名が知られるが,そのなかでも,ティルマンカイ Tirumaṇkaiとナムマールワール Nammāḷvārとが最大の詩人として有名。アーンダール Āṇḍālは女性のアールワールであった。のちに『ナーラーイラ・プラバンダム』 Nālāyira Prabandhamが編纂され,現在に伝わっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アールワール【Āḷvār】

7世紀ころから南インド,とくにタミル地方のビシュヌ派の一つであるシュリーバイシュナバ派Śrīvaiṣṇavaの形成に絶大な影響を与えた一群の宗教家たちのことで,〈神を直証する人〉を原義とする。ティルマンガイ,ナンマールバールなど12人を数えるが,中でもナンマールワールが有名である。彼らはビシュヌ派の諸寺院をめぐり,献身的な信愛(バクティ)の念にあふれたタミル語の詩を吟唱する神秘主義的な宗教詩人で,みずからの宗教的情感の高まりの中で,ビシュヌ神像の前でエクスタシーに陥り,気を失って倒れることがしばしばであったという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アールワール
あーるわーる
lvr

インドのビシュヌ教徒によって尊崇される12人の聖者(うち女性1人)の総称。タミル語の動詞語根アール(沈む)の意味により、「神の瞑想(めいそう)に自らを沈めた者」の意と解される。主として南インドで活動した吟遊詩人たちで、個々の年代は不詳。代表的人物であるナンマールワールは8世紀ごろ活動したと推定される。彼らはビシュヌ神を、叙事詩『ラーマーヤナ』の英雄ラーマ王子や、神話的人物である牧童クリシュナと同一視し、神に対する信愛と絶対的帰依の心を熱烈にうたい上げ、忘我の境地において神と合一しようとした。彼らの詩は、タミル語の詩集『ナーラーイラディビヤプラバンダム』(四千聖詩集)に収められており、「タミル語のベーダ聖典」として尊ばれている。[松本照敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアールワールの言及

【インド文学】より

… 多数の近代語による文学が並存するインドにおける注目すべき特徴は,諸文学相互の影響関係である。古くは,タミル文学のアールワール(神秘的賛歌の吟唱者たち)の作品に盛られた思想と熱情が,バクティの運動の大きなうねりをおこして,北インドの諸文学のバクティ文学の形成に大きな刺激を与えたことがあり,19世紀の事例では,外界に接することの多いベンガル文学とマラーティー文学が新しい思潮と文芸を他に伝えた。このような影響・伝播は,時代が下るにつれて顕著となり,今日では民間の努力と政府(国立文学アカデミー,各州機関)の支援とにより,民族文学のすぐれた作品が他の民族語に翻訳され,一民族の作品を多くの民族が享受する機会が多くなってきている。…

【バクティ】より

…バクティは,とくに南インドのビシュヌ派諸派の間で重要視された。寺から寺へ渡り歩き,バクティにあふれた宗教詩を神像の前で歌い上げた,アールワールと呼ばれる神秘主義的詩人たちの言説は,やがて神学的に整備され,ラーマーヌジャによって一応の哲学的な完成を見た。彼によれば,個我が解脱するためにはバクティがなければならない。…

※「アールワール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android