コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《けいせい遊山桜》 けいせいあそやまざくら

世界大百科事典内の《けいせい遊山桜》の言及

【加藤清正】より

…清正を主役とした作品は1796年(寛政8)11月大坂・豊竹座上演《鬼上官漢土日記(きじようかんもろこしにつき)》(近松柳助ら作)で,朝鮮での清正を描き,大地震のとき城にかけつけ,秀吉の勘気がとけたという〈地震加藤〉の趣向もしくまれた。翌年1月大坂・中の芝居上演の歌舞伎《けいせい遊山桜(あそやまざくら)》(辰岡万作ら作)では清正が毒殺されたとの俗説によって〈毒酒の清正〉が劇化され,のち1807年(文化4)9月大坂・大西芝居の浄瑠璃《八陣守護城(しゆごのほんじよう)》(中村漁岸ら作)にも毒酒の件がとり入れられた。これらの戯曲は《厭太平楽記(えんしよくたいへいらくき)》などの実録本に典拠を置いている。…

※「《けいせい遊山桜》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone