コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《けいせい遊山桜》 けいせいあそやまざくら

世界大百科事典内の《けいせい遊山桜》の言及

【加藤清正】より

…清正を主役とした作品は1796年(寛政8)11月大坂・豊竹座上演《鬼上官漢土日記(きじようかんもろこしにつき)》(近松柳助ら作)で,朝鮮での清正を描き,大地震のとき城にかけつけ,秀吉の勘気がとけたという〈地震加藤〉の趣向もしくまれた。翌年1月大坂・中の芝居上演の歌舞伎《けいせい遊山桜(あそやまざくら)》(辰岡万作ら作)では清正が毒殺されたとの俗説によって〈毒酒の清正〉が劇化され,のち1807年(文化4)9月大坂・大西芝居の浄瑠璃《八陣守護城(しゆごのほんじよう)》(中村漁岸ら作)にも毒酒の件がとり入れられた。これらの戯曲は《厭太平楽記(えんしよくたいへいらくき)》などの実録本に典拠を置いている。…

※「《けいせい遊山桜》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone