コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外題 げだい

7件 の用語解説(外題の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外題
げだい

(1) 書籍,掛物,巻物などの外側につける題箋のこと。紙,絹に墨書したものが多いが,特殊な例としては『平家納経』のごとく文字金具の外題に透彫 (すかしぼり) 金具で飾ったものがある。 (2) 歌舞伎浄瑠璃用語。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げ‐だい【外題】

書物・掛け軸などの表紙に記してある書名・題名。→内題
上方で、歌舞伎浄瑠璃の題名のこと。江戸では、名題(なだい)という。芸題。
古文書で、申文(もうしぶみ)解状(げじょう)などの上申文書の端や奥などに、上位者が申請内容に対する裁決・認証の旨を記したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

外題【げだい】

浄瑠璃・歌舞伎で,上演される演目の題名のこと。芸題,名題(なだい)とも。字数を5,7,9字など奇数に定める。一般には略称・通称で呼ぶことが多いので,その場合正式の題を本外題,本名題という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

げだい【外題】

書物や浄瑠璃,歌舞伎狂言の題。書物の表紙に記す書名をいい,扉や本文の初めに書かれる内題に対する。題簽(だいせん)に記して表紙に貼られる。浄瑠璃や歌舞伎狂言の題を外題というのは上方の用法で,江戸では名題(なだい)という。また,裁許を請うために下から奉る解状(げじよう)((げ))の端に管轄の長が自署してあたえる裁決文を外題という。【編集部】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

げだい【外題】

巻子・冊子の表紙に書く書名・巻名。のちには墨書き、あるいは印刷した簽せんを貼る。 → 内題
歌舞伎や浄瑠璃の正式の題名。芸題。 〔主に京坂で用い、江戸では名題なだいといった〕
申文もうしぶみ・解状げじようなどの袖・奥・裏などに、承認した旨をしるすこと。また、その文言。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外題
げだい

(1)古文書の様式の一つ。申状(もうしじょう)・解状(げじょう)などの上申文書の袖(そで)や奥に、上級者がその文書に対する裁決や証明・認可の旨を記したもの。平安時代には私領の譲与などに際して、国司(こくし)の承認を求める解(げ)を提出し、国判を受けねばならなかったが、これは通常、解の余白に記された。また、鎌倉幕府では、初め御家人(ごけにん)の所領譲与に対して、その安堵(あんど)のため、幕府の下文(くだしぶみ)・下知状(げちじょう)が発給されていたが、1303年(嘉元1)から、こうした譲与安堵には、下文などは発給せず、申請者の提出した譲状(ゆずりじょう)の袖にその譲与を安堵する旨を、執権(しっけん)・連署(れんしょ)の署判による下知状の様式で書き込むこととした。これを「安堵の外題」という。
(2)掛軸・書物などの表紙に記す表題。表紙にじかに記したり、細長い短冊型の紙(題簽(だいせん))に書し、表紙や巻子(かんす)の外側端に貼(は)ったりする。
(3)歌舞伎(かぶき)や浄瑠璃(じょうるり)などの脚本の題名。芸題。おもに上方(かみがた)における名称で、江戸では名題(なだい)という。[千々和到]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

外題

「げだい」と読む.表紙に示されている書名.和漢書の本文巻首や序,目次などにある内題に対する語.外題は表紙に直接に手書きする場合と,書名を書いたり印刷したりした題簽を貼り付ける場合とがある.そのため,題簽を貼り外題ともいう.書名が印刷された題簽を印刷題簽といい,印刷題簽に示されている書名を印刷外題という.題簽に手で書かれた書名を書き外題という.和漢書の刊本では,印刷題簽を貼り付けるのが通例である.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の外題の言及

【裁判】より

…守護大名,戦国大名,国人の裁判のなかには〈調停〉の意味が濃い場合があり,近所之儀などと称される紛争解決原理となっている。重要なことは,中世では訴えが提起されたとき,裁判権者がその訴えに理ありと認めればただちに判決する手続(入門(いりかど)という)があり,訴状の右余白に承認文言を記す(外題(げだい))ような解決法があり,被告がこれに承服しないとき初めて理非の審理に入る方向が生ずる。鎌倉幕府下で緻密詳細な訴訟=裁判の手続法が展開するのは,中世の裁判の一側面なのであり,すべてをおおうものではない。…

【証判】より

…解(げ),申状などの上申文書,およびその系譜をひく紛失状,着到状,軍忠状,または解に起源を有する売券,譲状,施入状(寄進状)などの土地財産に関する証文類の余白に記された,その文書に対する承認,確認などの意をあらわす文言と署判のこと。提出された文書の袖,奥,たまには裏に記し,外題(げだい)とも与判ともいう。律令制下では土地所有権の移動は政府の許可を必要としたから,その売買,譲渡,施入(寄進)にあたっては,京職,国司,郡司の承認を求める解を提出する。…

【製本】より

…つぎに表紙の裏側中央部に少量の糊をつけ,その上に中身をのせ,竹べらを用いて背,天地,前小口の順で表紙を中身との間に折り込む。表裏とも表紙をかけ終わったら,表紙と中身の間の前小口に幅6mmほど糊入れし,背にそって4ヵ所を絹糸でとじ,標題紙(題簽(だいせん)または外題(げだい)ともいう)をはる。標題紙の幅は,本の大きさによって一定しない。…

【題簽】より

…文字が肉筆で書かれたものもあり,それはとくに書題簽という。しかし,必ずしも題簽を用いるとは限らず,今日の書物のように表紙に直接書き記したものもあり,これを外題(げだい)と呼んでいる。ともあれ題簽は文書を保存しようとするところに生まれ,それを整理するのに便利なようにくふうしたものである。…

【名題】より

…(1)歌舞伎や人形浄瑠璃の題名。江戸の用語で,上方では外題(げだい)(芸題)という。名題は作品の顔とでもいうべきものであったから,作者たちはそれに心を遣った。…

【表紙】より

…仮製本や雑誌では,厚手の1枚の紙だけを用いて前後の表紙とする〈くるみ表紙〉が多い。またほとんどの場合表紙にはその本の題名が示されるが,これを表題,または外題(げだい)といい,これを小紙片に印刷・手書きして表紙にはりつけることもあるが,この小紙片を題簽(だいせん)という。製本【上田 弘】。…

【複合文書】より

…この場合には本来の形は1通の文書であるが,その中に2通の文書が収められていることになり,これを複合文書という。平安末期ごろには各地の荘園の住人等は,国役(こくやく)等の免除を請う解状(げじよう)を国司に提出するが,国司はこの解状の右端の余白部分にそれを認める旨を記して(これを国司免判(こくしめんばん)あるいは外題(げだい)という)返却する。すなわち本来は1通の解状であるが,それに国司免判が加えられ2通の文書の役割をしているのである。…

※「外題」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

外題の関連キーワード清実録農政全書明実録幾何学原本宋書チェリー南斉書明史稿守貞謾稿(守貞漫稿)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

外題の関連情報