コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《幼稚子敵討》 おさなごのかたきうち

世界大百科事典内の《幼稚子敵討》の言及

【並木正三】より

…〈浄瑠璃に門左衛門,歌舞伎に正三〉と並び称せられ,歌舞伎中興の祖とされた。代表作は前記のほかに《幼稚子敵討(おさなごのかたきうち)》(1753),《霧太郎天狗酒醼(てんぐのさかもり)》(1761),《宿無団七時雨傘(しぐれのからかさ)》(1768),《桑名屋徳蔵入船物語》(1770),《日本第一和布刈神事(めかりのしんじ)》(1773)などがある。(2)2世(?‐1807(文化4)) 初世の血縁者で,初め役者であった。…

※「《幼稚子敵討》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《幼稚子敵討》の関連キーワードがっくりそっくりじゃらじゃらでかばちないすっぺらぽん裄丈も無い言はれざる愛嬌らしいけるほどにやっしゃる腰が折れる差し付けて回り根性何れも方詰め合ふすかすかところにけち太いといのう三代相恩肌を許す

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android