コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《雁金》 かりがね

世界大百科事典内の《雁金》の言及

【清元梅吉】より

…4世・5世延寿太夫の立三味線で名人といわれた。作曲作品に《三千歳(みちとせ)》《雁金(かりがね)》《隅田川》《青海波(せいがいは)》などがある。(3)3世(1889‐1966∥明治22‐昭和41) 本名松原清一。…

【島鵆月白浪】より

… 明治の新文物をとりこんだ散切物の代表作であるが,五幕目の〈招魂社鳥居前〉がとくに評判となった。望月邸の場のために2世清元梅吉により作曲された清元《雁金(かりがね)》(本名題《色増栬夕映(いろまさるもみじのゆうばえ)》)も名曲とされる。【林 京平】。…

※「《雁金》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《雁金》の関連キーワードカリガネソウ(雁金草)清元延寿太夫(4代)清元梅吉(2世)清元梅吉(2代)岩本乾什(初代)烏帽子を着せる伊丹庄左衛門青山堂枇杷麿錦紗(金紗)布袋市右衛門雁が音・雁金極印千右衛門おっせんすでありんす采女(2)庵の平兵衛雁金五人男梅暮里谷峨神鳴庄九郎ごぜんやす

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android