《2440年,別名こよなき夢》(読み)にせんよんひゃくよんじゅうねんべつめいこよなきゆめ

世界大百科事典内の《2440年,別名こよなき夢》の言及

【ユートピア】より

…モレリー《自然の法典》(1755),コンドルセ《人間精神進歩の歴史的素描》(1795)などは,厳密にはユートピア論とはいいがたいものの,理想社会の接近を読者に印象づけた。L.S.メルシエ《2440年,別名こよなき夢》(1770)はこの世紀の代表例である。同時代の啓蒙専制国家を母体とした,多数の上からの国家改造計画にもその傾向があらわれている。…

※「《2440年,別名こよなき夢》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android