コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Danger》 Danger

翻訳|Danger

世界大百科事典内の《Danger》の言及

【ラジオドラマ】より

…初期は舞台用戯曲がそのまま放送されていたが,24年,初のラジオのために書かれた本格作品が放送された。それは,リチャード・ヒューズRichard Hughes作《危険Danger》であり,日本では翌年の大正14年8月13日に翻案・放送された(邦題は《炭坑の中》)。このラジオドラマは,舞台劇でも映画でも明確に現すことのできない炭坑内の暗黒,爆発や水の噴出する音などを生きた実感として描き出すことに成功しており,これによってラジオドラマは,ラジオの特性を生かしてつくりあげられる〈音の世界〉の新しい劇芸術として,その地位を確立させた。…

※「《Danger》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Danger》の関連キーワードジョン・チャールズ ポラーニレチフ・ド・ラ・ブルトンヌレッド・データ・ブックいま、そこにある危機デービッド クラースはるかなる地球帝国デンジャー・ゾーン危機を呼ぶ赤い太陽今そこにある危機スペインの財宝船掃海艇の戦争消滅危機言語ブランダイス栄光への飛翔ジョーンズ恐怖の背景復讐の血族危険の契約表現の自由フォード

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android