コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Meteōrologica》 Meteorologica

世界大百科事典内の《Meteōrologica》の言及

【気象学】より

…これは,(1)80kmくらいまでであると大気の成分の構成がほとんど同じであるが,それより高くなると変わってくる,(2)80km以上にある大気の量は,全大気の100万分の1以下できわめて少なく,地上付近の気象にはほとんど影響がない,(3)地上で観測されるいちばん高い雲である夜光雲の高度が80kmくらいである,などによるものである。英語のmeteorologyはギリシアのアリストテレスが前4世紀に書いた《気象学Meteōrologica》に由来しており,非常に古い。一方,日本語の気象学は,明治以後使われるようになった,比較的新しい言葉である。…

※「《Meteōrologica》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Meteōrologica》の関連キーワードrhm

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android