コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Prasthānabheda》 Prasthanabheda

世界大百科事典内の《Prasthānabheda》の言及

【マドゥスーダナ・サラスバティー】より

…主著は《アドバイタ・シッディAdvaita‐siddhi》で,マドバ派の批判を退けようとした。簡潔な哲学概説であり調和的包括的立場に立つ《種々なる道(プラスターナベーダPrasthānabheda)》の著者としても知られており,また不二一元論と信愛(バクティ)の道とを融合させた最初の人であるともいわれている。【前田 専学】。…

※「《Prasthānabheda》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報