コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『平凡』 ヘイボン

とっさの日本語便利帳の解説

『平凡』

二葉亭四迷
私は今年三十九になる。人世五十が通相場なら、まだ今日明日穴へ入ろうとも思わぬが、しかし未来は長いようでも短いものだ。過去って了えば実に呆気ない。\(一九〇七)

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

『平凡』の関連キーワード平凡(二葉亭四迷の小説)瓜の蔓に茄子はならぬ平凡(娯楽雑誌)なじょう事なしマガジンハウスオーディナリーちゃらっぽこ鳶が鷹を生む団栗の背比べ二葉亭四迷平平凡凡岡 晴夫始末気凡流俗手平敵凡庸仲悪非凡凡人

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『平凡』の関連情報