過去(読み)かこ

精選版 日本国語大辞典「過去」の解説

か‐こ クヮ‥【過去】

〘名〙
① 仏語。三世(さんぜ)の一つ。前世。去世。
※万葉(8C後)五・沈痾自哀文「我犯何罪此重疾過去所造之罪若是現前所犯之過罪過河獲此病」 〔六十華厳経‐六〕
② (━する) 通り過ぎていなくなること。また、死ぬこと。
※地蔵菩薩霊験記(16C後)三「別当俄に悪瘡出来て終(つい)に過去(クコ)してんげり」
③ 過ぎ去った時。昔。〔羅葡日辞書(1595)〕
※平民新聞‐明治四〇年(1907)二月一六日・運動方針に就て〈竹内余所次郎〉「ロシアの過古の運動が将来に期待すべき理想的方法と同一なりと云ひ得べきか」
④ 過ぎた昔の経歴。
※痩せた花嫁(1925)〈今東光〉「江美子は自分の短い過去を振り返ると」
⑤ 文法で、過ぎ去った動作や状態を表わす語法。
※密伝抄(1455頃か)「惣而しは過去のし、未来のし、現在のしとて此等也」

すぎ‐さ・る【過去】

〘自ラ五(四)〙
① その場を通り過ぎて離れる。その前を経て去って行く。また、ある状態が消えてなくなる。
※今昔(1120頃か)一五「音楽の音、漸く遠く成て過き去ぬ」
※日葡辞書(1603‐04)「カナシミ suguisaru(スギサル)
② 時がたつ。時が過ぎてゆく。
※両足院本山谷抄(1500頃)一九「眼前の事をだに打忘てのくる、况や過去た事を何か懐にはかけうぞ」
③ 死ぬ。亡(な)くなる。
※浮世草子・鬼一法眼虎の巻(1733)三「過去(スギサ)り給ふ母御様へ詫(わび)して手向(たむけ)給はれと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「過去」の解説

か‐こ〔クワ‐〕【過去】

現在より以前の時。過ぎ去った時。昔。「過去を振り返る」
好ましくない経歴・前歴。「過去を清算する」
仏語。三世さんぜの一。この世に生まれる前の世。前世。過去世。
文法で、ある時点(一般には現在)よりも以前の動作・状態を表す言い方。動詞の連用形に、文語では助動詞「」「けり」、口語では助動詞「」などを付けて言い表す。なお、英語などでは動詞の時制の一とする。
[類語](1いにしえ往時当時往年旧時一昔昔年往日昔日昔時往昔往古古昔在りし日以前かつ古くそのかみ前前かねてかねがね何時か既往これまで従来従前し方先年当年一時一頃その節先に古来あらかじめ前以て年来旧来在来その昔太古千古大昔2経歴前歴略歴学歴職歴履歴病歴閲歴素性生い立ち育ち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android