コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過去 カコ

3件 の用語解説(過去の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

か‐こ〔クワ‐〕【過去】

現在より以前の時。過ぎ去った時。昔。「過去を振り返る」
好ましくない経歴・前歴。「過去を清算する」
仏語。三世(さんぜ)の一。この世に生まれる前の世。前世。過去世。
文法で、ある時点(一般には現在)よりも以前の動作・状態を表す言い方。動詞の連用形に、文語では助動詞「」「けり」、口語では助動詞」などを付けて言い表す。なお、英語などでは動詞の時制の一とする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

過去(リメンバー)

北方謙三の長編ハードボイルド小説。1984年刊行。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かこ【過去】

すぎさった時。昔。 「 -を振り返る」
(人に知られたくない)前歴。 「 -のある女」 「暗い-」
〘仏〙 三世さんぜの一。生まれる前の世。前世。過去世。
文法で,動作・作用・状態などがすでに行われたものとして表す言い方。日本語の場合,口語では助動詞「た(だ)」,文語では助動詞「き」「けり」を付けて言い表す。なお,英語などでは動詞の時制の一とされる。
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

過去の関連キーワード試験自然淘汰摂理相続高潮登山パンク建議海綿岩

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

過去の関連情報