コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『漢書』 カンジョ

とっさの日本語便利帳の解説

『漢書』

後漢時代の班固(三二~九二)の著。紀伝体による初の断代史。父の志を継いで二〇年余をかけて成し遂げた。のち竇憲(とうけん)の匈奴西征に従い、敗退して免官。その上に洛陽令の怒りをかって捕らえられ、獄中で没した。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

『漢書』の関連キーワード細君(中国、前漢)二十二史考異アキナケス漢書芸文志箕子東来説十七史商榷微言大義秥蝉県碑桃源瑞仙諸子百家左国史漢弥生時代置酒高会文を属す楚漢春秋菅原是善房中術顔師古和漢書文章道

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『漢書』の関連情報