コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『漢書』 カンジョ

とっさの日本語便利帳の解説

『漢書』

後漢時代の班固(三二~九二)の著。紀伝体による初の断代史。父の志を継いで二〇年余をかけて成し遂げた。のち竇憲(とうけん)の匈奴西征に従い、敗退して免官。その上に洛陽令の怒りをかって捕らえられ、獄中で没した。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

『漢書』の関連キーワード可もなく不可もなし客星御座を犯す金石の交わり二十二史考異心腹を輸写す頤で人を使う十七史商榷漢書芸文志漢籍読み凌雲の志忘年の友楚漢春秋文を属す置酒高会舳艫千里百薬の長負薪の資烏合の衆秥蝉県碑諸子百家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『漢書』の関連情報