免官(読み)めんかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

免官
めんかん

大宝律,養老律にみえる有位者に対する付加刑除名よりもやや軽度な犯罪に科され,官位勲位の2官を削る刑。官者は歴任の官があれば,依然その位階に止まるが,3年後には,先位に2等を降して叙せられる。ただしこの場合,当然考課令により解官の処分が科される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

めん‐かん〔‐クワン〕【免官】

[名](スル)
官職をやめさせること。免職。「依願免官
律令制で、有位者に対する刑で、位階・勲等を3年間剝奪すること。4年目の正月以降、二等を降して再叙された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めんかん【免官】

( 名 ) スル
官職をやめさせること。
律令制で、官人の犯罪に対する付加刑。位階・勲位を三年間剝奪するもの。四年目の正月以降に二等降格して再叙される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めん‐かん ‥クヮン【免官】

〘名〙
令制で、有位者に対する刑の一つ。現在持っている位階を奪うこと。文位(通常の位階)と勲位とをともに奪うこと。三年の後、もとの位階より二等を降して叙せられる。他人の妻妾を姦す、盗みをするなどの罪を犯した時に処せられる。
※律(718)名例「祖父々母々、犯死罪、被囚禁而作楽、及婚娵者、免官」
官職を免ぜられること。官吏の身分を失わせること。免職。罷免(ひめん)。〔広益熟字典(1874)〕
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「免官に成って程なく復職した者がないでも無い」 〔漢書‐貢禹伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

免官の関連情報