コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

免官(読み)めんかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

免官
めんかん

大宝律,養老律にみえる有位者に対する付加刑除名よりもやや軽度な犯罪に科され,勲位の2官を削る刑。官者は歴任の官があれば,依然その位階に止まるが,3年後には,先位に2等を降して叙せられる。ただしこの場合,当然考課令により解官の処分が科される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

めん‐かん〔‐クワン〕【免官】

[名](スル)
官職をやめさせること。免職。「依願免官
律令制で、有位者に対する刑で、位階・勲等を3年間剝奪すること。4年目の正月以降、二等を降して再叙された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めんかん【免官】

( 名 ) スル
官職をやめさせること。
律令制で、官人の犯罪に対する付加刑。位階・勲位を三年間剝奪するもの。四年目の正月以降に二等降格して再叙される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android