あいくち

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐くち【脣】

〘名〙 くちびるが開いて、歯が現われること。また、そういう癖のあること。
※十巻本和名抄(934頃)二「脣 説文云〈牛善反 文選云脣 師説阿以久知〉口張歯見也」
[補注]「二十巻本和名抄‐三」などには「阿比久知」とあるが、「箋注和名抄」では「蓋開口之義、作阿比恐非」としてアキクチの音便と考えている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あいくちの関連情報