コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あぶくま洞 アブクマドウ

3件 の用語解説(あぶくま洞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あぶくま‐どう【あぶくま洞】

福島県田村市にある鍾乳洞(しょうにゅうどう)。カルスト台地仙台平(ひら)南部にあり、昭和44年(1969)石灰岩採石場跡で発見された。洞内には鍾乳石石筍(せきじゅん)が多く見られ、観光地としてにぎわう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あぶくまどう【あぶくま洞】

福島県田村市滝根町にある鍾乳洞。1969年(昭和44)発見。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕あぶくま洞(あぶくまどう)


福島県田村(たむら)市南部、阿武隈(あぶくま)高地中部の大滝根(おおたきね)山西麓(せいろく)にある鍾乳洞(しょうにゅうどう)。洞穴内の探勝コースは全長約600m。支洞が立体的に交錯して3段の層をなし、月の世界、こうもりの窟(くつ)などとよばれる奇勝が連続する。内部温度は年間平均13℃。北西方約1.5kmに入水(いりみず)鍾乳洞がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のあぶくま洞の言及

【大滝根山】より

…西斜面に続く仙台平(せんだいひら)は標高850m前後の石灰岩台地であり,その北部と南部では石灰岩が採掘され,大越町のセメント工場に搬出されている。台地の表面には大小のドリーネが発達し,西の山腹には入水(いりみず)鍾乳洞(天),南部には1969年に発見されたあぶくま洞がある。大滝根山付近は阿武隈高原中部県立自然公園の一部となっている。…

【滝根[町]】より

…近年は電気部品組立て,レンズ研磨などの工業が立地している。1927年に菅谷で入水(いりみず)鍾乳洞(天)が,69年には釜山採石場で新鍾乳洞が発見され,あぶくま洞として一般公開されている。みやげ品となる大理石の加工業も盛ん。…

※「あぶくま洞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

あぶくま洞の関連キーワード福島県田村郡三春町荒町福島県田村郡小野町福島県田村郡三春町北向町福島県田村郡三春町山中福島県田村郡三春町新町福島県田村郡三春町滝福島県田村郡福島県郡山市田村町小川福島県石川郡平田村都路〈村〉

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

あぶくま洞の関連情報