コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あぶくま洞 アブクマドウ

大辞林 第三版の解説

あぶくまどう【あぶくま洞】

福島県田村市滝根町にある鍾乳洞。1969年(昭和44)発見。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕あぶくま洞(あぶくまどう)


福島県田村(たむら)市南部、阿武隈(あぶくま)高地中部の大滝根(おおたきね)山西麓(せいろく)にある鍾乳洞(しょうにゅうどう)。洞穴内の探勝コースは全長約600m。支洞が立体的に交錯して3段の層をなし、月の世界、こうもりの窟(くつ)などとよばれる奇勝が連続する。内部温度は年間平均13℃。北西方約1.5kmに入水(いりみず)鍾乳洞がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内のあぶくま洞の言及

【大滝根山】より

…西斜面に続く仙台平(せんだいひら)は標高850m前後の石灰岩台地であり,その北部と南部では石灰岩が採掘され,大越町のセメント工場に搬出されている。台地の表面には大小のドリーネが発達し,西の山腹には入水(いりみず)鍾乳洞(天),南部には1969年に発見されたあぶくま洞がある。大滝根山付近は阿武隈高原中部県立自然公園の一部となっている。…

【滝根[町]】より

…近年は電気部品組立て,レンズ研磨などの工業が立地している。1927年に菅谷で入水(いりみず)鍾乳洞(天)が,69年には釜山採石場で新鍾乳洞が発見され,あぶくま洞として一般公開されている。みやげ品となる大理石の加工業も盛ん。…

※「あぶくま洞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

あぶくま洞の関連キーワード阿武隈高原中部県立自然公園福島県田村市滝根町菅谷福島県田村市入水鍾乳洞田村(市)田村[市]滝根〈町〉大滝根山こうもり阿武隈じゅん奇勝田村滝根石筍

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あぶくま洞の関連情報