コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石筍 せきじゅんstalagmite

翻訳|stalagmite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石筍
せきじゅん
stalagmite

石灰洞 (鍾乳洞) の中で,炭酸カルシウムが溶けた水が天井から滴下して,床の上に生じたたけのこ状の沈殿物。上方からの鍾乳石と対になって発達し,2者が連なると石灰柱となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

石筍【せきじゅん】

鍾乳(しょうにゅう)洞内にできる炭酸カルシウムの沈殿物の一種。天井から滴下する水滴中の炭酸カルシウムが床面上に沈殿,次第に成長して,たけのこ状となったもの。
→関連項目鍾乳石

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

石筍

石灰岩の洞窟で溶液が落下して,床または壁に柱状(筒状)に固まったカルシウム炭酸塩の堆積物[Bertand : 1763].鍾乳石と同様の成因によるもの.ギリシャ語のstalagmaは落下,したたる物の意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石筍
せきじゅん

鍾乳洞(しょうにゅうどう)の天井から下方に成長した鍾乳石とは反対に、鍾乳洞の天井から滴下する水滴中の炭酸カルシウムが洞床上に沈殿し、上方に向かってしだいにタケノコ(筍)状に成長したもの。普通、鍾乳石にはその芯(しん)に中空の管があるが、石筍にはこれがない。石筍には、円柱状の単純なものや複雑な形をした塊状の巨大なものなど多くの種類がある。大きい石筍の上方の鍾乳石は小さい場合が多い。[三井嘉都夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の石筍の言及

【鍾乳洞】より

…石灰華travertineは地下水に溶存している炭酸カルシウムCaCO3が水温の変化や水の蒸発などのため炭酸ガスCO2の空中への放出によって過飽和となり,沈殿して方解石の結晶となったもので,それが諸種の洞穴生成物をつくる(図)。洞の天井からつらら状に垂れ下がる鍾乳管や鍾乳石,その直下の洞床に筍状に生長する石筍(せきじゆん)stalagmite,この両者が連結した石灰華柱(石柱ともいう),内傾した洞壁から幕状に垂れ下がる石灰幕limestone curtain,外傾した洞壁に滝状にかかる流華石の一種である石灰華滝,傾斜地を流れ下る水流によってつくられた畦石プールが何段にも鱗状に並んだ石灰華段丘travertine terraceなど変化に富んでいる。また,水滴の落下する池の中につくられる洞穴真珠,天井や洞壁から浸透水によって生長した曲がりくねったヘリクタイト,水面に浮かんだ浮遊カルサイトなどの興味深い生成物の見られるところもある。…

※「石筍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

石筍の関連キーワードカールズバード・キャバーンズ国立公園フリントリッジ洞穴群ビーズゲルミル洞窟トンチョン(通川)スタグマライトアラヌイ洞窟トラバーチンルーレイ洞窟溶岩トンネル石筍状大理石オニチャイト小半鍾乳洞日原鍾乳洞熔岩鍾乳石入水鍾乳洞トンガ洞窟あぶくま洞洞穴堆積物風連鍾乳洞溶食作用

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石筍の関連情報