コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いとしも イトシモ

デジタル大辞泉の解説

いと‐しも

[副]
《副詞「いと」+連語「しも」から》非常に。きわめて。
「―悔しう思ひ給へらるる折多くなむ」〈・須磨〉
(あとに打消しの語を伴って)あまり。たいして。
「この度の司召しにも漏れぬれど、―思ひ入れず」〈賢木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いとしも

( 副 )
〔「し」 「も」は強意の助詞〕
非常に。はなはだしく。 「 -みだれまさる恋かな/敦忠集」
(下に打ち消しを伴って)それほどは。大して。 「やうやうめなれて-うとみきこえ給はず/源氏 常夏
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

いとしもの関連キーワード打消し細やか強意