須磨(読み)すま

  • (通称)
  • 須磨 (スマ)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兵庫県神戸市須磨区南部の地区。六甲山地西部の横尾山,高尾山,鉄拐山,鉢伏山などが大阪湾に接近した景勝地。山の一部は海面埋立て用の土砂採取で変貌が著しい。鉢伏山を中心に須磨浦公園があり,山麓山頂ロープウェーが結ぶ。鉢伏山には山上遊苑,回転展望台があり,鉄拐山山頂との間をリフトで連絡。須磨海浜公園付近は古くから別荘地として開けた。阪神唯一の海水浴場で,水族館,フィッシングセンターなどがある。平敦盛愛用の青葉,弁慶鐘,敦盛画像などの宝物を収蔵する須磨寺のほか,眺望に絶好須磨離宮公園,鉢伏山,鉄拐山が須磨ノに迫る付近の一ノ谷,二ノ谷,三ノ谷の源平合戦古戦場安徳天皇内裏跡,須磨関跡などがある。瀬戸内海国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

神戸市西部の区名。また、その須磨区南部の地域。大阪湾に面する白砂青松海岸で、古来明石と並び称される景勝地。須磨関跡・須磨浦公園などがある。[歌枕]
「わくらばに問ふ人あらば―の浦にもしほたれつつわぶとこたへよ」〈古今・雑下〉
源氏物語第12巻の巻名。光源氏、26歳から27歳。源氏離京のようす、須磨での生活、暴風雨襲来などを描く。
箏曲(そうきょく)。八橋検校(やつはしけんぎょう)作曲の六歌からなる組歌。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

兵庫県神戸市須磨区のうち大阪湾に面する一帯背後に六甲山地の西端に当たる高取山,鉄拐(てつかい)山,鉢伏(はちぶせ)山をめぐらし,南西明石海峡をへだてて淡路島に対する。海岸の須磨浦は白砂青松の景勝地として古来著名である。須磨はまた摂津国の西端,畿内の西の境界に当たり,播磨との交通・軍事上の要衝であった。大宰府と京を結ぶ古代の主要路であった山陽道が通り,律令制下では須磨駅や関が置かれた。1184年(元暦1)平家大軍が範頼,義経の率いる源氏勢と一ノ谷で戦い,敗北を喫した(一ノ谷の戦)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

◇神戸市西部の地名。大阪湾に臨む白砂青松の海岸で、古来明石と並び称された景勝地。須磨の浦。歌枕 -の浦に藻塩たれつつわぶと答へよ/古今 雑下
◇神戸市西部の区。住宅地域。
箏曲そうきよくの一。八橋検校けんぎよう作曲。六歌より成る組歌。
源氏物語の巻名。第一二帖。光源氏の須磨における退隠生活を描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

兵庫県神戸市西部の地区。須磨区の南部の地域で、旧須磨町。古来景勝の地として知られる。六甲(ろっこう)山地西端の鉢伏山(はちぶせやま)、鉄拐山(てっかいざん)、高倉山などは須磨浦公園あたりで急傾斜となって海に迫る。この「平地の行き詰まったスミ」が須磨の地名の由来である。白砂青松の須磨の浦は『源氏物語』の「須磨」「明石(あかし)」、謡曲『松風』などの舞台で、いまも海水浴場や海浜公園などがある。狭い海岸にJR山陽本線、山陽電鉄、国道2号がひしめきあって通じている。一方、後背の山地を第二神明道路が通り、須磨インターチェンジが設置されている。古くから軍事、交通上の要地として百人一首にも詠まれた須磨の関が設けられ、いまも関所跡や関守町(せきもりちょう)の地名が残る。源平の古戦場でもあり、一の谷、鵯越(ひよどりごえ)、須磨寺、敦盛塚(あつもりづか)、安徳(あんとく)帝内裏(だいり)跡などがある。須磨寺は正式には上野山福祥寺(しょうやさんふくしょうじ)で、境内に敦盛首洗池などがある。また敦盛が愛用した「青葉の笛」が収納されている。明治以降は山麓(さんろく)や海岸段丘面、海岸沿いに富豪の別荘が建てられ、武庫離宮も置かれた。第二次世界大戦後、離宮や大邸宅跡は公園化され、須磨離宮公園、須磨海浜公園、須磨浦公園などとなった。また背後の高倉山、高尾山などを切り崩し、土砂を神戸市の海面埋め立てに用い、跡地を住宅地に利用する方式がとられ、大住宅団地の建設が行われた。須磨海浜公園に市立の須磨海浜水族館がある。[二木敏篤]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

学名:Euthynnus yaito
動物。サバ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1]
[一] (摂津国の西南(すま)(=すみ)にあるところから呼ばれた) 兵庫県神戸市西部、六甲山地が大阪湾にせまる地域。古くは関所が置かれ、また、源平の古戦場として知られる一ノ谷や白砂青松の須磨の浦を含み、明石と並び称された月の名所。歌枕。
万葉(8C後)三・四一三「須磨の海人(あま)の塩焼衣の藤衣間遠にしあればいまだ着なれず」
[二] 神戸市の行政区の一つ。六甲山地が急斜面をつくり大阪湾に臨む地域を占める。住宅地として発展。昭和六年(一九三一)成立。
[三] 「源氏物語」第十二帖の巻名。源氏二六歳の三月から二七歳の三月まで。時勢が変わり、弘徽殿の大后がたの圧迫が強くなったので、源氏は須磨に退去を決意する。離京のさま、須磨での生活、三月上巳の海辺の祓に大暴風雨と津波に襲われたことなどが描かれる。
[2] 〘名〙 香木の名。分類は真南蛮(まなばん)。香味は酸苦。六十一種名香の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

須磨の関連情報