いやはや(読み)イヤハヤ

デジタル大辞泉の解説

いや‐はや

[感]驚きあきれたとき、また、落胆したときなどに発する語。これはまあ。いやもう。「いやはや、たいへんな散らかりようだ」「いやはや、面目ない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いやはや

( 感 )
驚きあきれた時、どうにも仕方がないと思ったときなどに発する語。全くもう。いやもう。 「 -、あきれた人だ」 「 -、困った」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いや‐はや

動〙 驚きあきれたときに発することば。現在では、やや大げさに驚きを表わすことば。これはまあ。いやいや。
咄本・戯言養気集(1615‐24頃)上「中中あきれもせぬ事ぢゃ、いやはやいやはや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いやはやの関連情報