コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がんばのがね炊き がんばのがねだき

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

がんばのがねだき【がんばのがね炊き】


長崎県島原地方の郷土料理で、ぶつ切りにしたふぐの身をから炒りし、しょうゆ・酒・梅干し・にんにくの葉を加え、煮汁がなくなるまで煮込んだもの。◇「がんば」は棺箱の意で、毒にあたると命を落とすことになるが棺箱を用意してでも食べたいということから、島原地方でふぐの別称となっている。

出典|講談社日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android