煮汁(読み)ニジル

大辞林 第三版の解説

にじる【煮汁】

物を煮た汁。
金属工芸品の着色材。緑青・胆礬たんばん・酢などを水でといて作る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

に‐じる【煮汁】

〘名〙 (「にしる」とも)
① ものを煮た汁。また、ものを煮るために調味した汁。〔羅葡日辞書(1595)〕
※葉隠(1716頃)一一「刀拭紙、寒のうちに黄栢の煮汁数返ひたし、干たるがよし」
金工作品の色上げに用いる水溶液緑青(ろくしょう)・酢・胆礬(たんばん)などを水にまぜたもの。金工独自の秘伝があって、それぞれに異なる。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

煮汁の関連情報