コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅干し

5件 の用語解説(梅干しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

梅干し

佐賀県の民謡。芸者の境遇を梅干しにたとえて歌った酒宴唄。明治期に作られたとされる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

梅干し【うめぼし】

青梅の実を塩漬にし,多くは赤ジソの葉を加えて紅色にし干した食品。古くから薬用,防腐も兼ね貯蔵食品として愛用。梅びしお塩出しし,種を除いたものに砂糖を加えすりあげたもの),梅肉あえなどとしても使用。
→関連項目漬物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

うめぼし【梅干し】

梅の実を塩漬けにしたあと日光で乾燥し、再び漬け汁(梅酢)に漬け込んで作る保存食品。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うめぼし【梅干し】

ウメの実を塩づけにしたのち日干しにし,さらに梅酢につけて果肉を軟化させた漬物。梅酢には赤シソの葉を加えて赤く着色させることが多い。塩づけにしただけで干さぬものは果肉がかたく,これはふつう梅漬と呼んで区別する。古くから行われていたと考えられるが,梅干しの名が見えるのは,室町時代初期までに成立した《庭訓往来》あたりからで,《新撰類従往来》《多聞院日記》《日葡辞書》などには梅干し,梅漬の両者の名が見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梅干し
うめぼし

ウメの実を塩漬けして天日で干したもの。通常、アカジソを使い、紅色に染められている。古来、食用とされてきたが、薬用としての利用も多く、また非常時の携帯食品としても重用されてきた。[河野友美・大滝 緑]

歴史

梅干しのことが記されているのは平安中期であるが、おそらく、それ以前から梅干しはつくられていたと思われる。記録によれば、村上天皇(むらかみてんのう)(在位946~967)の病気が梅干しと昆布の茶で回復したというのが古い。鎌倉時代になると、武家の饗応(きょうおう)は「飯(椀飯)(おうばん)」で、これにクラゲ、打ちアワビとともに梅干し、塩、酢が添えられた。江戸時代には一般庶民にも用いられるようになった。しかし、江戸時代までの梅干しは、シソで着色されていなかった。[河野友美・大滝 緑]

品種

梅干しに用いる品種は、肉厚で、皮が薄いものが一般によいとされている。また小梅も使用される。広く栽培されている白加賀が品質としてよいとされ、このほか、豊後(ぶんご)、養老、南高(なんこう)などがあり、神奈川県小田原では曙(あけぼの)が用いられる。小梅は信濃梅(しなのうめ)が用いられる。ウメの産地は和歌山県をはじめ、長野、群馬、栃木、山梨、神奈川、奈良、徳島、福岡県など全国で広く栽培されている。なお、近年は中国などからの輸入品が多く、これは肉が薄く皮が厚い。[河野友美・大滝 緑]

漬け方

梅干し用の青ウメは、幾分黄みを帯びたもののほうが甘味があって味がよい。梅干しの漬け方は、各家、各地方などで伝統のものがあり、手法がいくらか異なることが多い。一般的な漬け方は、まずウメを一晩水に浸す。ウメは、いくらか黄色くなり、種離れがよくなる。水切り後、ウメの重量の20%前後の塩を、ウメと交互に容器に詰め、押し蓋(ぶた)をして重石(おもし)をのせる。4~5日すると澄んだ水(梅酢)があがるが、このまま3~4週間置く。
 アカジソは葉を摘み取り、水洗いしたのち軽く塩でもみ、最初の汁は捨てる。さらに塩もみしたのち、梅酢を容器からとって加え、鮮紅色になった梅酢をもとの容器に戻す。塩もみしたアカジソの葉は、梅干しの容器の上部に入れ、もとのように蓋をして、夏の土用までそのまま置く。
 土用の晴天の日を選び、梅を大きなざるか簀(す)の上に広げ、1粒ずつ離して並べ、昼夜通して三日三晩干す。夜露に当てることで、梅の実の肉質が柔らかくなる。なお、夜間、もとの梅酢の中にいったん戻し、翌日ふたたび干してもよい。雨には絶対にぬれないようにする。
 干し上げた梅干しは、容器に梅とアカジソを交互に入れ、上から赤い梅酢を加え、中蓋をして軽く重石をし、口をきっちりと包み、冷暗所に保存する。半年くらいで味がなじみ食べられるようになるが、10年くらいは十分保存できる。
 減塩梅干しは、塩分を2~4割減らし、かわりに焼酎(しょうちゅう)を加えるなどしてつくるが、カビが生えたり、腐敗したりしてうまくできないことが多い。[河野友美・大滝 緑]

種類

アカジソを使用せず、白く塩を吹いた薄茶色の関東風梅干し、梅干しをアカジソの葉で巻き、さらにもう一度漬けた小田原のしそ巻き梅干し、かつお節をまぶした梅干しなど、いくつかの種類がある。また、産地ごとに、その地方の呼び名をつけた梅干しも多い。このほか干さないでつくる梅漬け、塩分を控え調味料を加えた調味梅干しなどもある。[河野友美・大滝 緑]

成分と効用

梅干しの強い酸味はクエン酸によるもので、この酸が主体となり、効用がいろいろいわれている。しかし塩分が多いため、とりすぎには注意が必要である。
 おもな効用としては、昔からいわれているものに、船酔い、車酔いによく、食欲を進め、夏の食あたりの防止、疲労回復や、その防止があげられる。いずれもクエン酸の効用とみてよい。鎌倉時代には武士の兵食として重視され、息切れの妙薬として重宝された。また酸味は、精神的ストレスの緩和に役だつため、スポーツの試合前や、テレビなどの出演前に、梅干しを口に入れる人もある。[河野友美・大滝 緑]

利用

ウメを塩漬けにした際、しみ出してくる液体を梅酢といい、白梅酢は酢の一種として利用し、アカジソを加えた紅梅酢は紅色の酢漬けをつくるときに使う。梅びしおは、梅干しを裏漉(うらご)しにかけ、みりんで延ばしてつくる。すし、和(あ)え物に用いる。また、梅干しの肉をすり、裏漉しし、砂糖、みりん、しょうゆなどで延ばし、各種材料を和えたものを梅肉和えという。裏漉しの梅肉に砂糖、酒、だし汁などを加えて延ばした梅肉酢も利用する。このほか、イワシなど背の青い魚の煮物に梅干しを加えて味をよくしたり、梅干しそのものを塩抜きしたのち、てんぷらにする料理もある。梅干しの身と、細切りのしょうがを椀(わん)に入れ、熱いだし汁を注ぎ、少量のしょうゆを加えた梅干しの吸い物、小梅と昆布に熱湯を注いだ昆布茶(こぶちゃ)は、祝い膳(ぜん)などに用いられる。[河野友美・大滝 緑]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の梅干しの言及

【ウメ(梅)】より

… 豊後系は枝が太く伸び,葉が大きく表面に毛がある系統で,花も大輪で淡い紅色が多く,香りは少ない。果実が大きく,梅干しや煮梅に多用される。実梅の豊後梅を代表として,花梅では武蔵野,黒田などは極大輪の品種である。…

【狩猟伝承】より

…また,山の神は女性であるとして女性が狩りの準備にかかわったり,銃に触れたりまたいだりすることを嫌う。家を出がけに妻と口論することや弁当の菜として梅干しを持参すること(スモドリ=素戻り)などは獲物がないとして,現在の猟師にも忌む者が少なくない。また,縁起がよいとして獲物に命中した弾丸の鉛を回収し,新しい弾丸を鋳るときこれを混ぜるとまた命中するといって実行する者もある。…

※「梅干し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

梅干しの関連キーワード梅酢煮梅日干し・日干・日乾し梅漬菜漬日干し守口漬塩干天日干し青梅漬け

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

梅干しの関連情報