コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くらい くらい

1件 の用語解説(くらいの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

くらい

( 副助 )
〔名詞「くらい(位)」からの転。中世以後生じたもの。「ぐらい」の形でも用いる〕
体言および活用する語の連体形に付く。
おおよその分量・程度を表す。ほど。ばかり。 「一キロ-行くと駅につく」 「茶さじ一杯-の塩をいれる」 「プロ選手-の実力はある」
ある事柄を示し、その程度が軽いもの、弱いものとして表す。 「酒-飲んだっていいよ」 「ご飯-たけるよ」
ある事柄を示し、動作・状態の程度を表す。 「あんなことを言う-だから、何をするかわからない」 「辺り一面真っ暗になる-のどしゃぶり」
比較の基準を表す。「…くらい…はない」の形をとることが多い。 「こども-かわいいものはない」 「君-勉強ができるといいのだが」
ある事柄を示し、それがひどく悪いもの、嫌うべきものとして表す。「くらいなら」の形をとることが多い。 「降参する-なら死んだ方がましだ」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

くらいの関連情報