大声(読み)たいせい

精選版 日本国語大辞典「大声」の解説

たい‐せい【大声】

〘名〙
① 大きな声を出すこと。おおごえ。大音。高声。〔慶応再版英和対訳辞書(1867)〕
※富岡先生(1902)〈国木田独歩〉五「先生の梅子嬢を罵る大声(タイセイ)が門の外まで聞えた位で」
② 高雅で上品な音律。
道理の正しい立派なことば。

おお‐ごえ おほごゑ【大声】

〘名〙 大きな声。たいせい。
※土左(935頃)承平五年一月七日「ゆく先に立つ白波の声よりもおくれて泣かん我やまさらんとぞよめる。いと大ごゑなるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大声」の解説

たい‐せい【大声】

大きな声。おおごえ。「大声を発する」
高尚な音楽。上品な音律。

おお‐ごえ〔おほごゑ〕【大声】

大きな声。⇔小声

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android