大声(読み)オオゴエ

デジタル大辞泉の解説

おお‐ごえ〔おほごゑ〕【大声】

大きな声。⇔小声

たい‐せい【大声】

大きな声。おおごえ。「大声を発する」
高尚な音楽。上品な音律

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおごえ【大声】

大きい声。 ⇔ 小声 「 -を出すな」

たいせい【大声】

( 名 ) スル
大きな声を出すこと。おおごえ。 「 -を発する」 「男ながら-して泣くのです/野菊之墓 左千夫
高雅な音律。上品な音楽。
偉大な道理を含んだ語。
[句項目] 大声里耳に入らず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐ごえ おほごゑ【大声】

〘名〙 大きな声。たいせい。
土左(935頃)承平五年一月七日「ゆく先に立つ白波の声よりもおくれて泣かん我やまさらんとぞよめる。いと大ごゑなるべし」

たい‐せい【大声】

〘名〙
① 大きな声を出すこと。おおごえ。大音高声。〔慶応再版英和対訳辞書(1867)〕
※富岡先生(1902)〈国木田独歩〉五「先生の梅子嬢を罵る大声(タイセイ)が門の外まで聞えた位で」
② 高雅で上品な音律。
③ 道理の正しい立派なことば。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

大声の関連情報