こちら葛飾区亀有公園前派出所

デジタル大辞泉プラスの解説

こちら葛飾区亀有公園前派出所

日本のテレビアニメ。放映はフジテレビ系列(1996年6月~2004年12月)。原作:秋本治による同名の漫画作品。制作:スタジオぎゃろっぷ。声の出演ラサール石井ほか。

こちら葛飾区亀有公園前派出所

秋本治による漫画作品。亀有公園前派出所に勤務する警察官両津勘吉を主人公として、同僚ら周囲の人々がくりひろげるギャグ漫画。『週刊少年ジャンプ』1976年第42号から2016年第42号まで連載。集英社ジャンプコミックス全200巻。1996年~2004年にフジテレビ系列でアニメが、2009年にTBS系列でドラマが放映された。1977年にはせんだみつお主演、2011年にはテレビドラマと同じ香取慎吾の主演で映画化。アニメ版で両津役をつとめたラサール石井による舞台化作品もある。第30回日本漫画家協会賞大賞(2001年)、第50回小学館漫画賞 審査委員特別賞(2004年)、第48回星雲賞コミック部門賞(2017年)を受賞したほか、“最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ”としてギネス世界記録に認定されている。

こちら葛飾区亀有公園前派出所

日本のテレビドラマ。放映はTBS系列(2009年8月~9月)。全8回。原作:秋本治による同名の漫画作品。脚本マギー。出演:香取慎吾、香里奈、速水もこみちほか。略称は原作漫画と同じ「こち亀」。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

知恵蔵の解説

こちら葛飾区亀有公園前派出所

秋本治によるマンガ作品。略称は「こち亀」。1976年42号から2016年42号まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載していた。単行本は全200巻で、最終巻は最終回を掲載した同誌42号に合わせて発売された。単行本の累計発行部数は約1億5000万部。「Most volumes published for a single manga series(最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ)」としてギネス世界記録に認定されている。テレビアニメ、テレビドラマ、映画、ゲームなどメディアミックスが展開されている作品である。
警視庁新葛飾警察署管内、亀有公園前派出所に勤務する警察官の「両さん」こと両津勘吉巡査長が主人公で、破天荒な行動を取る両津が周囲の人や地域住民を騒動に巻き込んでいくストーリー。数多くの登場人物の中で、主要な人物としては大企業「中川コンツェルン」の御曹司・中川圭一、「秋本貿易」の社長令嬢で、母はフランス人である秋本・カトリーヌ・麗子、葛飾区亀有公園前派出所勤務の巡査部長・大原大次郎が挙げられる。
ストーリーには三億円事件、ロッキード事件、阪神大震災、東京の都市開発などの時事ネタが盛り込まれている場合が多い。また、両さんが参議院選に出馬したり、プロレス団体にスカウトされたりという話もあり、世相を反映した内容で展開されている。
40年間で1度も休載がなく、連載が休むことなく続けられたことについては、作者とアシスタントともども、勤務時間を午前9時から午後8時に設定し、途中で食事の休憩を1時間ずつ2度挟み、日曜日は休みとするなど規則正しい生活を送ってきたからと秋本はインタビューで答えている。
テレビアニメは全373話。1996年6月から2004年12月まで、フジテレビ系列で、日曜日の午後7時から放送された。両津の声はラサール石井が担当。また、同系列で連載40周年スペシャルとして06年9月18日に「こちら葛飾区亀有公園前派出所~THE FINAL 両津勘吉最後の日~」が放送され、マンガ同様にテレビアニメも完結した。
実写のテレビドラマは09年8月から9月までTBS系列で放送された。両津はSMAPの香取慎吾が演じ、速水もこみち、香里奈、伊武雅刀などが出演した。テレビドラマをベースとした映画「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~」は11年8月に松竹系劇場で公開された。1977年12月には両津をせんだみつおが演じる実写版映画が公開されている。
99年以降、舞台版も制作された。両津をテレビアニメで声を担当したラサール石井が演じ、脚本・演出も担当。99年、2001年、03年、06年、16年と公演が行われた。
「こち亀」と原作者の秋本は「第64回菊池寛賞」(日本文学振興会主催)を受賞。同会によると「40年間1度の休載もなく描き続け、世相・風俗を巧みに取り入れ、上質な笑いに満ちた作品を本年200巻で堂々と完結させた」ことが選定理由となっている。

(若林朋子 ライター/2016年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

知恵蔵miniの解説

こちら葛飾区亀有公園前派出所

秋元治によるマンガ作品。略称は「こち亀」。同作品は1976年に「週刊少年ジャンプ」で連載を開始した。東京都葛飾区の亀有公園前にある架空の派出所に勤務する破天荒で型破りな主人公・両津勘吉巡査長(通称:両さん)が巻き起こす様々な事件で、毎回同作品のストーリーは展開していく。 2016年9月4日、同作品の連載40周年記念イベントが開催されたが、その席上で同作品の連載が9月17日をもって終了することが発表された 。同作品のコミックス(書籍)は通算で200巻に及び、その最終巻が16年9月17日に発売される。

(2016-9-6)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android