コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さびる サビル

デジタル大辞泉の解説

さ・びる

[接尾]《上一段型活用[文]さ・ぶ(上二)》名詞に付いて、そのものらしく振る舞う、そのものらしくなる意を表す。「神―・びる」
「みこも刈る信濃の真弓我が引かばうま人―・びて否と言はむかも」〈・九六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

さびるの関連キーワードさび止め塗料(錆止め塗料∥銹止め塗料)硫銀ゲルマン鉱(データノート)方トリウム鉱(データノート)寂ぶ・荒ぶ・錆ぶカンフィールド鉱硫銀ゲルマン鉱寂びる・荒びるゲルマン鉱錆び付く神さびる防さび剤錆止め錆付く刀の錆抗酸化神さむ神さぶ鋼橋山蛭さぶ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さびるの関連情報