コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ざらめ(双目)糖 ざらめとう

1件 の用語解説(ざらめ(双目)糖の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ざらめ(双目)糖【ざらめとう】

結晶の大きさが約2mm角の砂糖をいう。色によって粗糖の黄ざら,赤ざら,精製糖の白ざら,染めざらなどに区別される。またグラニュ糖ざらめ糖として取り扱われるが,結晶の大きさはざらめ糖と車(くるま)糖(いわゆ白砂糖)の中間。
→関連項目砂糖

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のざらめ(双目)糖の言及

【砂糖】より


[製品の種類]
 砂糖製品は,結晶の大きさ,ショ糖含量,加工形態などによってひじょうに多くの種類がある。これを大きく分類するとざらめ(双目)糖と車糖に分けることができる。前者は結晶が大きく,砂糖純度が100%に近い高純度の糖で,別名ハードシュガーと呼ばれる。…

※「ざらめ(双目)糖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ざらめ(双目)糖の関連キーワード氷砂糖砂糖漬晶癖象貝斑紋光沢シャープストーンメソ結晶質不等性面角不変の法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone