コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ざらめ(双目)糖 ざらめとう

百科事典マイペディアの解説

ざらめ(双目)糖【ざらめとう】

結晶の大きさが約2mm角の砂糖をいう。色によって粗糖の黄ざら,赤ざら,精製糖の白ざら,染めざらなどに区別される。またグラニュ糖ざらめ糖として取り扱われるが,結晶の大きさはざらめ糖と車(くるま)糖(いわゆ白砂糖)の中間。
→関連項目砂糖

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のざらめ(双目)糖の言及

【砂糖】より


[製品の種類]
 砂糖製品は,結晶の大きさ,ショ糖含量,加工形態などによってひじょうに多くの種類がある。これを大きく分類するとざらめ(双目)糖と車糖に分けることができる。前者は結晶が大きく,砂糖純度が100%に近い高純度の糖で,別名ハードシュガーと呼ばれる。…

※「ざらめ(双目)糖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ざらめ(双目)糖の関連キーワード土性ミニアチュア管イソモク凝灰岩凝灰角礫岩パスタ皮膚のしくみとはたらき凝灰岩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android