コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しらね型護衛艦 しらねがたごえいかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

しらね型護衛艦
しらねがたごえいかん

海上自衛隊のヘリコプタ搭載大型護衛艦で,はるな型の発展型。同型艦2隻。自衛艦として初めてシースパワー発射機や曳航式アレー・ソナーシステムを装備。大型対潜ヘリコプタ3機を搭載する対潜重視型艦艇として西側海軍から注目されている。『しらね』は 1980年3月,『くらま』は 81年3月石川島播磨重工業で竣工。主要目は,基準排水量 5200t,全長 159m,最大速力 32kn,5インチ速射砲2,シースパロー8連装発射機1,20mmバルカン機関砲2 (『くらま』のみ) ,アスロック8連装発射機1,3連装短魚雷発射管2,HSS-2対潜ヘリコプタ3。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

しらね型護衛艦の関連キーワード海上自衛隊

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android