コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

せえの セエノ

デジタル大辞泉の解説

せえ‐の

[感]力を入れて何かをするときの掛け声。多く、複数人で物を動かすときや何かを始めるときに、呼吸を合わせるために用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せえの

( 感 )
力を合わせて物を動かす時や、何かを一斉に始めようとする時にかける掛け声。 「 -、よいしょ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

せえのの関連キーワード建礼門院右京大夫三十六歌仙絵巻天皇摂関大臣影随身庭騎絵巻中殿御会図巻公家列影図巻職人尽絵藤原為信肖像彫刻藤原豪信職人歌合藤原隆信藤原信実歌仙絵っせえ信海豪信せえ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android