コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちり蒸し ちりむし

2件 の用語解説(ちり蒸しの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ちりむし【ちり蒸し】

〔ちり鍋風の意から〕
白身魚やカキ・豆腐を使った蒸し物。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ちりむし【ちり蒸し】

白身魚や豆腐・野菜などに昆布のだし汁と酒を加えて蒸した料理。薬味を添えて、ポン酢しょうゆなどにつけて食べる。

出典|講談社
和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内のちり蒸しの言及

【蒸物】より

…前者の代表的なものは茶わん蒸しで,これにうどんを入れたおだまき蒸し,豆腐を加え,葛(くず)あんをかける空也(くうや)蒸しなどのほか,卵汁だけでつくる卵豆腐といったものもある()。魚貝類を使うものでは,ふたのある鉢を用いるちり蒸し,かぶら蒸し,そば蒸しなどのほか,塩蒸し,酒蒸しがある。ちり蒸しはタイ,アマダイ,オコゼ,タラなどに豆腐や野菜を取り合わせ,だしを注いで蒸し,もみじおろしと刻みネギを薬味してぽん酢しょうゆで食べる。…

※「ちり蒸し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ちり蒸しの関連情報