昆布(読み)コブ

デジタル大辞泉の解説

こぶ【昆布】

こんぶ(昆布)」に同じ。

こんぶ【昆布】

アイヌ語から》コンブ科コンブ属の褐藻の総称。主に東北・北海道の沿岸に分布。外見は根・茎・葉に区別され、長さ数十メートルにも達する。マコンブリシリコンブなど。こぶえびすめ。ひろめ 夏》「朝日が呼ぶ海の青さと―馬車/林火
[補説]「よろこぶ」に通じることから祝い事に用いられ、その場合は「子生婦」「幸運夫」などとも当てて書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こぶ【昆布】

こんぶ(昆布)」に同じ。 「 -巻き」

こんぶ【昆布】

褐藻類コンブ目コンブ属を含めた近縁の海藻の総称。葉片は帯状で肉が厚い。マコンブ・リシリコンブ・ミツイシコンブなど約20種あり、いずれも寒海性で東北地方以北に産する。食用、ヨード製造用。食品の場合は「こぶ」ということが多い。えびすめ。ひろめ。 [季] 夏。
[句項目] 昆布に針刺す

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

昆布 (コンブ)

植物。コンブ科コンブ属海藻の総称

昆布 (コンブ)

植物。コンブ科の褐藻。マコンブの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こぶ【昆布】

※名語記(1275)五「海草のこぶ、如何。こぶは混布とかけり
[補注]本項関連の子見出し項目は「こんぶ(昆布)」の項にまとめた。

こんぶ【昆布】

〘名〙 褐藻(かっそう)類コンブ科に属する海藻。葉状体は革質で褐色を帯び、長さ二~六メートル、幅六~三〇センチメートルになり、外見上、葉、茎、根に区別できる。マコンブ、リシリコンブ、ミツイシコンブ、トロロコンブなど一〇種類あまりに分類される。宮城県以北の寒海で干潮線より深い岩礁上に生じる。食用、祝賀用、ヨード製造用などにされる。ひるめ。ひろめ。えびすめ。こぶ。《季・夏》
※続日本紀‐霊亀元年(715)一〇月丁丑「先祖以来貢献昆布、常採此地、年時不闕」
[語誌](1)「本草和名」には「和名比呂女、一名衣比須女」とあるが、ヒロメは幅が広いことから、エビスメは蝦夷(えびす)産が多いことから付けられた名と考えられる。
(2)「色葉字類抄」に「コンフ」、「伊呂波字類抄」に「コフ」とあり、中古末にはすでに「こぶ」「こんぶ」の両称が行なわれていた可能性があり、その併称は今日までつづいている。その語源をアイヌ語とする説もあるが、漢名の音読によるとする説もある。
(3)古くから慶祝の儀礼に用いられることが多く、近世以降、「よろこぶ」とかけて縁起物とされた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

昆布の関連情報