コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なかはマン

デジタル大辞泉プラスの解説

なかはマン

長野県上伊那郡中川村で主に活動する地域キャラクター。2010年登場。信州なかがわハーフマラソン実行委員会所属。山や緑の帽子を被ったオスの子鹿。毎年5月に行われる「信州なががわハーフマラソン」の宣伝と応援のため制作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android