コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おす オス

デジタル大辞泉の解説

お・す[動]

[動サ特活]《近世、江戸の遊里語》
ある」「居る」の丁寧語。あります。ございます。おります。
「まだ妹も―・すから」〈洒・甲子夜話〉
(補助動詞)形容詞のウ音便形、形容動詞・指定の助動詞「だ」の連用形「で」に付いて、丁寧の意を表す。(で)ございます。(で)あります。
「主(ぬし)の心意気が未だ詳かならずで―・すよ」〈黄・盧生夢魂〉
[補説]活用は、連用形「おし」、終止形「おす」の用例がみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

おすの関連キーワード川の恵みの日御株を奪う牡馬・雄馬玉垂れの澄まし屋楔を刺す下ろし物伊勢大輔澄まし汁補助動詞形容動詞甲子夜話御末衆御半下巣鷹山糅てる推しておっす断種小簾

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おすの関連情報