コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のさ ノサ

デジタル大辞泉の解説

のさ

[形動ナリ]のんびりしているさま。また、間が抜けているさま。
「おほやうにせんと心がくれば、見所少なくて、―になる相あり」〈花鏡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のさ

( 形動ナリ )
神経が行き届かないさま。間が抜けているさま。 「大様にせんと心がくれば見所少なくて-になる相あり/花鏡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

のさの関連キーワード沖縄県島尻郡座間味村阿真徳島県阿南市那賀川町工地広島県東広島市西条中央茨城県常陸大宮市舟生千葉県南房総市大井フレーミング効果クリーンルーム長野県千曲市森さぎ山記念公園no cut小野宮実頼鎌倉右大臣やんちゃん心地行くポンテギさのさ節跡を踏む坂上郎女草分け衣孔舎衙坂

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

のさの関連情報