コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のさ ノサ

デジタル大辞泉の解説

のさ

[形動ナリ]のんびりしているさま。また、間が抜けているさま。
「おほやうにせんと心がくれば、見所少なくて、―になる相あり」〈花鏡

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のさ

( 形動ナリ )
神経が行き届かないさま。間が抜けているさま。 「大様にせんと心がくれば見所少なくて-になる相あり/花鏡」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

のさの関連キーワード徳島県阿南市那賀川町工地沖縄県島尻郡座間味村阿真茨城県常陸大宮市舟生千葉県南房総市大井フレーミング効果冬至冬中冬はじめやんちゃん小野宮実頼鎌倉右大臣ポンテギさのさ節心地行く跡を踏む坂上郎女孔舎衙坂さのさ上盛り衣被ぎ標茅原生賢し

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

のさの関連情報