コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見所 けんしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

見所
けんしょ

能楽堂の観客席。舞台の正面,向って左側の橋懸りの前の脇正面,両者の間の中正面の順に分けられる。地謡座の裏 (舞台の右側) に席のあるところもある。また観客をもいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けん‐じょ【見所】

《「けんしょ」とも》
見物席。観客席。また、見物人。主に能楽でいう。
芸の上で悟りえたところ。芸のみどころ。
「目利きの見出だす―にあるべし」〈花鏡
見地。立場。
「親句、疎句の―をはなれ侍るべしとなり」〈ささめごと

み‐どころ【見所/見処】

見るべきところ。見る価値のあるところ。また、見落としてはならない点。「この映画の―」
今後を期待できる優れた点。将来性。「彼は―のある若者だ」
見て判断のよりどころとする点。めじるし。
「そこにはちっと―がござります」〈咄・無事志有意〉
けんじょ(見所)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

見所

能のるべきところをいう。見物人または場所を指す場合もある。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

けんじょ【見所】

〔「けんしょ」とも〕
能楽堂などの見物席。また、そこで見る人。 「 -の御意見を待つべきをや/風姿花伝」
見物人。観客。
芸の見るべきところ。みどころ。 「目ききの見出す-にあるべし/花鏡」

みどころ【見所】

見る価値のあるところ。注目すべきところ。 「芝居の-」 「 -は立ち合いにある」
将来の見込み。将来性。 「 -のある青年」
見て判断する点。見分ける点。 「我に何の-有て罪に落すや/浮世草子・新可笑記 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の見所の言及

【能舞台】より

… 江戸時代中期には舞台の規矩も制度化し,江戸城本丸表舞台が最高の格式をもつとされた。いずれにせよ,江戸時代の末までは,能舞台は屋外に設けられ,観客席(見所(けんしよ)という)は屋内にあっても,舞台との間に露天の部分を隔てるのを正式とした。しかし明治以後,能が幕府の保護を失ってからは,役者が所有する屋内の稽古(けいこ)舞台で公開の演能を行うようになった。…

※「見所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

見所の関連キーワードサンクトペテルブルグスプラッタムービーサンジミニャーノ霧島屋久国立公園TCAスペシャル名物に旨い物なし加賀見山旧錦絵オーバーハングエリアマガジンいざさせ給え豎子教うべしだんじり祭梅花皮・鰄メンフィス生ひ出づ茶筅擦れアスワン浮世草子名所案内茶溜まり

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見所の関連情報