名語記(読み)みょうごき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名語記
みょうごき

語源辞書。経尊 (きょうそん) 著。 10帖。初稿本を訂正増補したその成立は建治1 (1275) 年。当時の語彙を,まず音節数,次いで第2音節までイロハ順に配列し,相通,反音,延音約音などをいながら語源を問答体で記している。なお「名」は体言,「語」は用言をさし,ほかに「テニハ」などの名称もあり,品詞分類の萌芽がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みょうごき〔ミヤウゴキ〕【名語記】

鎌倉時代の辞書。経尊著。初稿6巻本は文永5年(1268)、増補10巻本は建治元年(1275)成立。当時の口語俗語を音節数によって分類、いろは順に配列して問答体で語源を説明したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

名語記【みょうごき】

鎌倉後期の語源辞書,10帖。1268年―1275年にかけて,漸次的に成立。編者は経尊と伝えられるが,伝記不明。国宝。内容は,当時の日常語についてその語源を問答形式で説いたもの。語源解釈の原理は音通・略音などさまざまであるが,特に悉曇(しったん)音韻学の知識を応用した反音による説明が多い。語源説そのものは語史の実際にそぐない独断的なものが大半ではあるが,品詞の種類や動詞の自他に関する区別が見られ,当時の俗語が多くあげられていることとあわせて,語学資料としての価値は高い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

みょうごき【名語記】

語源辞書。経尊著。初稿六巻本は1268年、増補の一〇巻本は75年成立。主に鎌倉時代の口語を第二音節までイロハ順に配列し、片仮名漢字まじり文の問答体で語源の説明を記したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android