コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花鏡 かきょう

6件 の用語解説(花鏡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花鏡
かきょう

書名。『はなのかがみ』ともいう。世阿弥著。応永 31 (1424) 年嫡子元雅に伝えた能楽の秘伝書で,『風姿花伝 (花伝書) 』を発展させ,40代から老後にいたるまでの能についての芸術論を説く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かきょう〔クワキヤウ〕【花鏡】

能楽論書。世阿弥著。応永31年(1424)成立。世阿弥が60歳ごろ、みずから悟りえたところを能芸論としてまとめ、長男の観世元雅(かんぜもとまさ)に授けたもの。はなのかがみ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かきょう【花鏡】

世阿弥の著した能楽論書の一つ。別名を〈はなのかがみ〉ともいう。父観阿弥の教えに基づいて書いた最初の能楽論《風姿花伝》に続いて,彼が40余歳のころからおよそ20年間にわたる芸得の神髄を書き連ねたもので,稽古に関する標語を表題として掲げた題目6ヵ条と,末尾の〈奥の段〉以外は〈……事〉と題する事書12ヵ条の計18ヵ条から成る。初め《花習(かしゆう)》という題名で14ヵ条にまとめていたものを,その後,数次にわたって増補し,最終的には1424年(応永31,著者62歳)か,その少し前に成立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かきょう【花鏡】

能楽論書。一巻。世阿弥著。1424年成立。世阿弥が四〇歳過ぎから六二歳に至るまでの経験を書き留めた芸術論。

はなのかがみ【花鏡】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花鏡
かきょう

世阿弥(ぜあみ)の能の理論書。1424年(応永31)長男観世元雅(かんぜもとまさ)に伝えた秘伝で、父観阿弥(かんあみ)の教えによる『風姿花伝(ふうしかでん)』(花伝書)を発展させ、40代から老後に至る実践から創造された、世阿弥の芸術論の極致である。「心を十分に動かして身を七分に動かせ」という心の働きの重視、自分の舞い姿を客観視するための「離見(りけん)の見」といった発想、老境における「無心の能」という芸位の追究を説き、「初心忘るべからず」「能は若年より老後まで習ひとほるべし」との稽古(けいこ)の強調に貫かれ、「命には終りあり能には果てあるべからず」といいきっている。[増田正造]
『久松潜一他校注『日本古典文学大系65 歌論集・能楽論集』(1961・岩波書店) ▽表章他校注・訳『日本古典文学全集51 連歌論集・能楽論集・俳論集』(1973・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の花鏡の言及

【金春禅竹】より

…そのためか禅竹は岳父の世阿弥に教導を仰ぐことが多かったようで,金春大夫になった後の1428年(応永35)には《六義(りくぎ)》を,1428年(正長1)には《拾玉得花》を世阿弥から相伝されており,その奥書や《却来華》の文言から,世阿弥が禅竹の将来に嘱望していたことが知られる。義兄の観世元雅も〈一大事の秘伝の一巻〉(《花鏡》か)を見せるなど,禅竹に好意的であった。現存する2通の禅竹あて世阿弥書状も両者の親密な関係を語っており,世阿弥の佐渡配流中に禅竹が料足を送り,世阿弥の妻の寿椿(じゆちん)を扶養していたことも知られる。…

【世阿弥】より

…子弟の成長で観世座は発展の一途をたどり,彼自身の芸も円熟の境に達し,出家前後が世阿弥の絶頂期であったろう。応永27年(1420)の《至花道》,30年の《三道》,31年の《花鏡(かきよう)》など,高度な能楽論が続々と書かれたし,彼が多くの能を創作したのも出家前後が中心らしい。 だが,1428年(応永35)に義持が没し,還俗した弟の義教が将軍になってから,観世父子に意外な悲運が訪れた。…

【花鏡】より

…世阿弥の遺著はほかにも多いが,本書のように創造的・実践的所為に裏づけられた,しかも広範囲にわたる芸論は他に《風姿花伝》があるのみで,両書をもって彼の代表的著作と見なしてよい。ただし,《風姿花伝》が父観阿弥の芸能からの習得を書いた伝書であるのに対して,《花鏡》は世阿弥自身の精進における芸得を書きしるした伝書であるところに特色がある。世阿弥自身もとくに重視した一本で,彼がその芸才を認めた嫡男観世(十郎)元雅に相伝したものであることが他の伝書によって判明している。…

※「花鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

花鏡の関連キーワード世阿弥十六部集能楽論風体風姿花伝安位有主風出風瑞風無主風槌太夫

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

花鏡の関連情報