コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のでしょう ノデショウ

2件 の用語解説(のでしょうの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

の‐でしょ◦う〔‐でせう〕

[連語]準体助詞「の」+連語「でしょう」。話し言葉では「んでしょう」とも》「のだろう」の丁寧な言い方。「あれはいつごろだった―◦う」「あなたが行ったんでしょう」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

のでしょう

( 連語 )
〔準体助詞「の」に、丁寧な断定の助動詞「です」の未然形「でしょ」と推量の助動詞「う」の付いたもの。話し言葉では「んでしょう」となることも多い〕
「のだろう(連語)」の丁寧な言い方。原因・理由・根拠などの説明を断定的でない調子で言い表す。 「私たちの計画に無理があるから、みんなが反対する-か」 「事情がよくわかったので、解放してくれたんでしょう」 → でしょう(連語)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のでしょうの関連キーワード内つからは準体助詞てからでしょうでしょうかとののですのであ・る元つ

のでしょうの関連情報