ひもつき援助(読み)ひもつきえんじょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ひもつき援助
ひもつきえんじょ

国家間で財政援助がなされる際に,その条件として,開発用の資材・機材および労働力の調達先を援助供与国に限定するよう求めたもの。これにより供与国は国内産業を守り輸出も促進でき,結果的に援助支出を回収できることになるが,援助を受ける側にとっては産業育成の実が上がらず,援助を受けた意味合いも薄くなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のひもつき援助の言及

【借款】より

…使途に制限が課せられる場合がタイド・ローンtied loan,借手が自由に使用できる場合がアンタイド・ローンuntied loanである。途上国向け借款には,資金供与国からの資材の購入に充当することが義務づけられる場合が多く,これを〈ひもつき援助〉といっている。これはいろいろ弊害があるため,途上国は〈ひもなし援助〉の増大を要求している。…

※「ひもつき援助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android