条件(読み)じょうけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

条件
じょうけん

法律行為の効力の発生または消滅を成否不確実な将来の事実によってもたらそうとする法律行為の約款をいう。たとえば,「入学したら学資を出してやる」という場合の「入学したら」という付款 (停止条件) ,また「落第したら学資をやらない」という場合の「落第したら」という付款 (解除条件) がこれである (民法 127~130) 。条件はその成否が不確定な点で,同じ法律行為の付款でも将来必ず到来することが確実な期限とは異なる。法律行為に条件をつけることは,契約自由の原則ないしは私的自治の原則からして有効である。ただし,身分行為 (たとえば婚姻) についての条件は無効である。なお,特殊な条件としては,不法条件,不能条件,随意条件などがある (132~134条) 。

条件
じょうけん
condition

あることが成立または生起するために満たされるべき規定のなかで,直接的原因ではなく制約となるもの。命題「 A ならば B である ( AB と書く) 」が成り立つときに条件 AB の十分条件であるといい,その裏命題「 A でないならば B でない ( ~A⊃~B ) 」が成り立つときに条件 AB の必要条件であるという。両命題がともに成り立つときに条件 AB の必要十分条件であるという。ある命題とその対偶命題は同義であるから,上の命題が成り立つならば,その対偶「 B でないならば A でない ( ~B⊃~A ) 」が成り立つので条件 BA の必要条件となる。また裏命題の対偶が逆命題であって,両命題は同義であるから,逆命題「 B ならば A である ( BA ) 」が成り立てば条件 AB の必要条件となる。一般に,ある命題が成り立っても,その逆命題は必ずしも成り立たないが,逆命題も成り立つときに,条件 AB の必要十分条件であり,また条件 BA必要十分条件となる。数学では,特定の条件のもとでのみ成り立つときに「条件つき」といい,無条件に成り立つときに「絶対」という。物理現象などの記述では,その現象が起る条件を明記しなければならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐けん〔デウ‐〕【条件】

約束や決定をする際に、その内容に関しての前提や制約となる事柄。「条件をのむ」「条件をつける」「一日だけという条件で借りる」「条件のいい会社」
ある物事が成立・実現するために必要な、または充分な事柄。「いつ倒産してもおかしくない条件がそろっている」「一定の条件を満たす物件」「条件が整う」
法律行為の効力の発生または消滅を、発生するかどうか不確定な将来の事実にかからせる付款(ふかん)。また、その事実。「入学したら学費を出す」などがこれにあたる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じょうけん【条件 condition】

論理学の用語。一般に〈……であれば(ならば)……である〉という表現に対応する事態で,〈……であれば(ならば)……〉の前の表現に当たるものが条件,仮定であり,その後の表現に相当するものがこの条件下に成立することがらであるが,〈ならば〉で結ばれる表現全体を条件(命題または文)ということもある。条件なるものの性格は必ずしも明確でないが,大きくは論理的なそれと非論理的なそれとに類別できよう。論理的条件の中心は現代論理の中核にある標準論理の条件で,いま任意の2命題をp,qとすると,pqあるいはpq等で表現され,その全体を条件(式),→(または⊃)を条件詞(または条件記号),pqの前件,qp後件という。

じょうけん【条件】

法律用語。たとえば,(1)〈A大学に入学すれば〉時計を与える,(2)〈成績が下がれば〉奨学金の給付を打ち切る,というように,法律行為の効力の発生・消滅を,将来の成否不確定な事実にかからせる,という内容の意思表示を条件という。条件は,〈期限〉および贈与の際につけられる〈負担〉とともに,付款とよばれる。付款は,法律行為と一体をなし,その内容に一定の制限を加えるものである。法律行為から一応独立している利息約款・免責約款(約款)等の付属的約款は,付款ではない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じょうけん【条件】

物事を決定したり約束したりするときに、前提あるいは制約となる事柄。 「 -を付ける」 「相手の-をのむ」 「 -のよい仕事を探す」
物事の成立あるいは実現に必要な事柄。ある事態を引き起こす原因。 「スターになる-がそろっている」
〘法〙 法律行為の効力の発生を制約する、実現が不確実な将来の事実。
箇条。項目。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

条件の関連情報