コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひょうひゃく ヒョウヒャク

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐ひゃく〔ヘウ‐〕

[名・形動]《「表白(ひょうびゃく)」がわけのわからない文句を並べたてるところから。近世語》ざれごとを言うこと。また、そのさま。
「大黒といふ人は―な福神にて大穴持の名にも似ぬ、小まち新造をどっと集め」〈洒・福神粋語録〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうひゃく

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「表白ひようびやく」の文言の意味がよくわからないことから。近世語〕
ふざけて言う・こと(さま)。冗談。 「 -を以て人を近寄せ/滑稽本・志道軒伝」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ひょうひゃくの関連キーワード滑稽本表白

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android