べき(冪/羃)(読み)べき

百科事典マイペディア「べき(冪/羃)」の解説

べき(冪/羃)【べき】

累乗(るいじょう)。同じ数を繰り返して掛け合わせた積。aをn回掛け合わせた積をaのn乗といい,a(n/)と書き,nをべきの指数という。→べき級数

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android